トップ

交通事故に強い弁護士

交通事故の相談をするなら

交通事故に遭ったら弁護士に相談

交通事故に遭ったら、相手方の任意保険会社に対して慰謝料などの損害賠償金の請求をしなければなりません。このとき、自分で請求することも出来ますが、弁護士に相談して示談交渉を依頼することも出来ます。交通事故の示談交渉を弁護士に依頼すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。今回は、交通事故の慰謝料請求を弁護士に相談するメリットについて解説します。

1)弁護士に依頼すると手続きが楽になる
交通事故に遭って怪我などをした場合は、弁護士に示談交渉を依頼することが出来ます。示談交渉を弁護士に依頼すると、まずは、示談交渉の手続きが楽になるメリットがあります。自分で相手方の任意保険会社と交渉することは、とても大変です。しょっちゅう電話などでやり取りしないといけませんし、正しい対処法なども自分ではわかりづらいです。弁護士に依頼すると、そのような不安を解消出来ます。

2)法的に妥当な支払いを受けられる
法的な知識がない状態で、被害者が自分で交渉すると、不利な条件で示談に応じてしまうケースがあります。たとえば、示談交渉の最中に、任意保険会社が治療費の支払いを途中で打ち切ることがあります。この場合に、任意保険会社に言われるままに治療を途中でやめて示談に応じてしまうと、本来できたはずの入通院慰謝料や後遺障害慰謝料も請求出来なくなってしまいます。弁護士にやり取りを依頼すると、このような法的な知識の不足による不利益を被ることがなくなるメリットがあります。

3)弁護士に依頼すると慰謝料の金額が上がる
弁護士に示談交渉を依頼すると、自分でする場合よりも慰謝料の金額が上がります。弁護士が交渉する場合には、慰謝料の計算方法の中でも最も高額な裁判基準(弁護士基準)で賠償金額を決めてもらうことが出来るからです。たとえば、後遺障害14級の慰謝料は、任意保険基準では40万円程度ですが、裁判基準では110万円程度にもなります。

4)弁護士に依頼して慰謝料が増額された事例
最後に、弁護士に依頼して実際に交通事故の慰謝料が増額された事例を見てみましょう。Aさんは交通事故でムチ打ちになり、任意保険会社から示談金20万円を打診されて悩んでいました。そこで、弁護士に相談したところ、きちんと後遺障害の認定を受けて慰謝料を多く請求するべきだとアドバイスを受けました。

そこで、弁護士に依頼して後遺障害認定を受け、慰謝料と後遺障害が認定されて賠償金額が150万円になりました。Aさんは、もともと自分で交渉していたときよりも、130万円も多い賠償金を受け取ることが出来たのです。

Copyright © 交通事故の相談をするなら. All rights reserved.